<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

来竹

先週末、実家の母と姉家族が竹田へ来てくれました。
聞けば、5年ぶりとのことで、姪っ子は以前来たのを覚えていませんでした。

3日間で長湯温泉と別府を堪能していきました。

と言うのも、僕は仕事があるので、夜から合流して翌朝にはまた戻るというスケジュール。それでも、久しぶりに家族と過ごした時間は、リラックスそのものでした。

最終日には、養鶏場にも寄ってくれました。
まだまだ、胸を張れたものじゃないですが、それでも自然と調和しながら人様の役に立つ仕事を肌で感じてもらえたような気がします。

次にまた竹田に来た時には、もう少し成長した姿を見せたいものです。
[PR]
by aaggata | 2011-03-30 23:16

陰徳を積む

c0168770_8264935.jpg

ご近所さんから、「ニワトリさんに…」と小松菜をいただけることになり、早速いただきに行って来ました。

しっかり手入れされた庭の畑にある小松菜を軽トラいっぱいいただきました。

ふと庭を見渡すと、一角に立派なお墓がありました。
“先祖を祀る”ということが、当たり前の行いになっているんですね。

今の人たちが忘れかけているもの…
それをもう一度取り戻さないといけないのでしょうね。
[PR]
by aaggata | 2011-03-29 08:26

大分

c0168770_8271667.jpg

久しぶりに海に行って来ました。

と言っても、宮崎にサーフィンではなく、配達の途中に寄った大分市のかんたん地区という所。

このベイエリア、ちょっと前に整備されてなかなか良い感じになっています。

ここ大分県は海と山が近く、温泉も豊富で、そこに住む皆さんは温和な方ばかり…

改めて、この地に移住して良かったな…と実感してます。
[PR]
by aaggata | 2011-03-25 08:27

1歳

c0168770_2314154.jpg

久しぶりにユキです。

たぶん、もう1歳になったと思います。
ウチにやって来たのが去年の4月18日…
本当にあっという間です。

そして…

「1年でこんなに大きくなるんだねぇ」


どうやら写真写りは良くないみたいです。

相変わらず、人を見るとギャンギャン吠えるので、本当の素直なユキを知っているのが数人しか居ないのが残念…

いつか、優しい顔した写真をアップしたいものです。
[PR]
by aaggata | 2011-03-24 23:14

快復

c0168770_0401592.jpg

日本にとっては複雑な思いの3連休でした。

図らずも、僕にとっては正月以来の「休み」となった訳ですが…それがインフルエンザでとなると、とても楽なものではありません。

でも、今は食欲も戻り、好きなものを食べられます。
インフルエンザの時は、食欲不振に加え、味覚も落ちるので大変です。

それでも、水分補給だけは欠かさないよう心がけました。

ふと、幼い頃に熱を出した場面を思い出し、あの時は母親に迷惑をかけていたなぁ…と、朦朧としながら思ったりしました。

他にも色々と考えさせられましたが、とにかく元気になって良かったです。

「体を悪くして初めて、健康の有り難みが解る…」

キツかったですが、それでもやはり収穫はあるものです。
[PR]
by aaggata | 2011-03-22 00:40

良くなってます

インフルエンザは薬が効いてきたようで、熱も徐々に下がってきました。

この2日間はスポーツドリンクとヨーグルトだけでしたが、先ほど少しだけ食事をいただきました。

「今日は少しは仕事しないと…」
と思ったのですが、すぐに熱が上がってしまい、結局友人に無理をさせてしまいました。申し訳ない…

今までは「何でも自分で出来るようにしないと…」
と思って生きてきましたが、病になって初めて、自分独りの無力さを痛感しています。


ちょっとお腹が空いてきました(笑)。

明日は仕事がんばれそうです。
[PR]
by aaggata | 2011-03-20 18:50

まさか…

「こんな時だからこそ、遠く九州にいる私達は元気でいて、いつでも支援の手を差し伸べる準備をしておきたいですね…」

あるラジオでこんな事を言っていました。

同感です。

なのに…

まさかの…

インフルエンザになってしまいました。

友人達のおかげで仕事は何とかなっています。

病院で治療も受け、あとは寝て治すだけなんですが…
やはり辛いですね。

被災者の皆さんの事を思ったら、こんな弱音を言ってちゃダメなんですが…

今はとにかく寝て、しっかり治します。
[PR]
by aaggata | 2011-03-20 12:50

読書

c0168770_138733.jpg

地震、津波、放射線…
被災地はもちろん、日本中が不安に覆われているようです。

僕らは、猛烈な反省をした上で次への一歩を踏み出さねばなりません。

スラムダンクの三井寿のように…

そう考えると、スラムダンクが読みたくなりました。

が、

今日は別の本です。

「一燈照隅、万燈照國」
を提唱したのが、この本の著者、安岡正篤氏です。

胸の奥につかえていたものがスッキリしたような気分になります。

そして何より、この不安な今こそ読むべきと言うか…
読むことで落ち着ける…
そんな本です。

今日も少しずつ読みたいと思います。
[PR]
by aaggata | 2011-03-17 13:08

一隅を照らす

「今、日本中がこの苦難を乗り越えようと必死になっている」

ウチにはラジオしかないのですが、流れてくる応援メッセージは、そう思わしてくれるものばかりでした。

ある先哲の言葉に…
「一燈照隅、万燈照國」
というのがあります。

一人の灯火が周囲を照らすのは小さな事だが、それをみんながやれば国中が明るくなるという事です。

今、できる事を少しずつ…
それを皆がやれば、大きな力になるはずです。

節電、募金、献血…
できる事からやってみます。
[PR]
by aaggata | 2011-03-14 22:49

節電協力

友人からのメールを以下に転送します。


■お願い■

この度の大地震の被害で本日22時以降、関東から東北地方への電気供給が難しくなり、中部電力や関西電力、九州電力からも送給電を行います。
一人が少しの節電をするだけで、東北地方周辺の方の携帯の充電、病院での医療機器の使用が可能になります。
九州に住む私たちには、節電ぐらいしか出来ませんが、ご協力をお願いします。
[PR]
by aaggata | 2011-03-13 18:39