<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツケ

c0168770_6564745.jpg

心配していた台風も雨も、それほどでも無く、ホッとしております。

ただ、これからも台風や豪雨はやって来る訳で、心配は尽きません。

ウチの鶏舎は築30年以上のものもあり、先代から引き継いだ時点で、
「賞味期限切れだよ…」
と言われています。

なので、鶏舎の改築及び新築がこれからの課題…
頭の痛い話です。
[PR]
by aaggata | 2013-06-22 06:56

重さ

映画「奇跡のリンゴ」を見てきました。

同業者として分かる部分が多々あり、大変参考に、そして刺激を受けました。

仕事の重さ…
みたいなものを痛感しました。

重いも軽いもない!
と、言われそうですが…
特に自営でやっていくには、“折れない信念”みたいなものが必要なのだと思います。

やらされるのではなく、
自分で掴んでいく仕事…
それができる喜び…

休みがないからと言って、ふてくされてはいけないですね。
[PR]
by aaggata | 2013-06-18 22:55

仕分け

c0168770_1932878.jpg

通称「卵部屋」です。
鶏舎で集めた卵を、ここで汚れや割れのチェックをして、パック詰めしていきます。

チェックと同時に行うのが、仕分け作業… 
重さ別に4階級に分けます。

ちなみに、全て手作業です。なかなか骨の折れる仕事なんですが…

ウチの持ち味が「手間ひまかけて…」なので、仕方ありません。
[PR]
by aaggata | 2013-06-14 19:03

猪木&馬場

この度、アガタマゴが大分市都町の「へんろみち」さんで使って頂けるようになりました。

讃岐うどんの名店で、僕は5年程前から一客として通っていました。
「いつか、このお店でウチの卵を…」
と、通い始めた頃から思っていたのですが、なにぶん、養鶏にはまだまだ自信もなく、とても言い出せずにいました。

今回、使って頂くにあたり、いろいろ経緯はあるのですが、養鶏の実績もそれなりについて来て、そろそろ良いかな?という思いもありました。

恥を忍んで言わせていただくならば…

「僕が美味いと認めたおうどんに、ウチの卵をかけて食べてみたい!」という、夢のタッグを実現したかったのです。

もちろん、アガタマゴはまだまだです。
これからも、より自然に、そして、手間と真心を込めて向上していく所存でございます。

「本物の食材とは、こういうものぞ!」
という、発信の場となって、大分の活力源になることを願っております。

少し話が大きくなりましたが、四十路男のつたない野望を少し書いてみました。
[PR]
by aaggata | 2013-06-06 21:21

悪い癖

自慢ではないのだけれど、昔から、周囲の人達に恵まれているなと実感しています。

必要な時に必要な人がスッと手を差し伸べてくれる…
そんな事が、結構あるのです。

ただ、そんな事が続くものだから、つい甘えてしまう悪い癖があります。

でも、ピシャリとやられる事もあるわけで…
男として、しっかりせなあかんなと考えさせられます。
[PR]
by aaggata | 2013-06-06 20:43