変えたい…

c0168770_2216496.jpg

夏の終わりから、ずっと続いている卵不足。
原因は、やはり手作りのエサなのか…


市販のエサは、とにかく濃厚です。産卵を促す為にスタミナのつくものを効率良く食べさせる。
その為に、飼料会社が研究して作ったものですから、太刀打ち出来る筈がありません。


残飯や生ゴミを使ったエサ作りは、単にエサ代をケチる為ではありません。
とにかく、卵の質が良くなるということ。そして、『人が口にできるものを材料にする』という安全性の高さです。


それに、この養鶏法は地球環境にも貢献できるので、何としても成功させたいのです。


地元でエサの材料が揃って、良質な卵と、畑の肥料になる鶏ふんが出来る。その畑で取れた野菜の屑は、またニワトリに…
見事な循環サイクルが出来上がります。


もはや、自分の肩書きも養鶏家ではなく、ごみ処理業と言った方が合ってるかも…
いや、その方が、卵が少なくて気を揉むこともなくなるから良いのかも。
[PR]
by aaggata | 2018-11-09 22:16
<< タイミング 見頃かな >>