卵が少ない理由

c0168770_1761795.jpg

卵の配達をお休みしているお客様向けに説明文を作りました。
ご理解頂けたら幸いですが…


〜卵の配達をお休みしている理由について〜


卵の出荷が出来ず、皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしております。遅くなりましたが、卵が少ない理由について、ご説明します。


卵が少ない理由は…
1.イタチに襲われたため
80羽のヒヨコが襲われ、3羽しか残りませんでした。

2.エサの問題
5年程前より、市販の飼料を使わず、生ゴミや残飯を発酵させる手作りの飼料に切り替えました。

市販の飼料は、スタミナをつけさせる為に濃厚なのが特徴です。
対して、手作りの飼料は発酵により、生きたエサにはなりますが、市販のものより薄いです。
(人間の食べ物に例えると、毎食焼肉か精進料理かの違い)


養鶏をしていて、卵を多産させるエサと、健康なニワトリに育てるエサは違うという判断と、エサの安全性を考えた時に、『人が口にできるもの』を材料にするべきという考えで現在のエサに至りました。

市販の飼料にすれば、卵は増えますが、上記の理由から、エサは現状維持します。


今後の対策
現在、新たなヒヨコを仕入れ、順調に行けば、12月中旬頃から産卵を開始する予定です。
しかし、冬期は産卵率が落ちるので、それほど増えないと思われます。早くて、来年の春頃という線が濃厚です。自然の中での飼育ですので、ハッキリ明言できないのが辛いところです。



今後もお客様にはご迷惑おかけしますが、ご理解頂ければ幸いです。
[PR]
by aaggata | 2018-11-19 17:06
<< 17年 竹楽 >>